読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場の花

どこの職場にでもいそうな、マスコット的存在の女性についての記事。

──本人には悪気はないのだろうけど、なぜか気に障る女がいる。
そんな女視線に鈍感な男たちの人気を集めるからこそ、ますます気になる。
嫉妬や妬みの感情だと、自分でもわかっている。
だからこそ、よけいに悔しい。──

こういう女性、どこの職場、いやコミュニティにもひとりはいますよね。
その例として、ニュース番組におけるお天気キャスターを挙げていますが、なるほどなぁという感じです。

 この前ちょっといいなと思う男友達と飲んでいたら、
「(お天気キャスターの)皆藤愛子の来年のカレンダー予約しちゃった」
 すぐに冷めた。

僕も皆藤愛子ファンですので、ついうっかりこういう発言をしてしまうと、女性から冷めた目で見られてしまうわけですね。気をつけます。