読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろくでなし啄木

舞台

2011年、三谷幸喜生誕50周年祭の幕開けとして上演された「ろくでなし啄木」を見ました。出演は、藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵。若手3人のみが出演するという、三谷幸喜脚本・演出にしては珍しい舞台。
物語も男女の色恋が全面に出ているし、「羅生門」のように登場人物毎の視点で語られることで、ある一夜のできごとの全貌が浮かび上がるという内容は、いつもの三谷作品には見られないエロチック・サスペンスな内容でした。
朴とつとして純朴そうなイメージのある石川啄木が、良い意味で予想を裏切るキャラクターにしあげられていました。というか、この物語の内容自体が、ものごとの多面性を取り上げている内容なので、そういう部分とリンクしているんだと思いました。
終盤、石川啄木が客席に向かって、死んだ後に残されていたローマ字で書かれた日記が、ご丁寧に日本語にもどされて刊行された件について、「読まれないようにローマ字で書いたのに、あれはないよなぁ〜」などと愚痴をこぼすシーンが良かったです。あと、作家はダークサイドの人間じゃないといけないと思いつつも、なかなかそちらに踏み切れないチキンであったみたいな描写も好きでした。
放送後に、出演者と三谷幸喜さんのインタビューがおまけでありまして、演劇初挑戦の吹石一恵さんが、「えっ?あれって他の現場ではないんですか?」と何度も驚かれていたのがおもしろかったです。

ろくでなし啄木 [DVD]

ろくでなし啄木 [DVD]