読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハングオーバー!!! 最後の反省会

ハングオーバーシリーズの最新作をWOWOWで鑑賞。第1作目がすごくおもしろくて、第2作目は1作目ほどではないけどおもしろかったので、3作目も楽しみにしていたのですが...。

ハングオーバー!!! 最後の反省会 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

第1作目にはもちろんのこと第2作目にすらまったく届かないイマイチな作品になっていました。うーん。シリーズの主要キャラクターは全員出ているし、監督も同じなんだけどなー。

シリーズものの作り方として2通りあって、ひとつは登場キャラクターは同じなんだけど物語がまったく別ってパターンと、もうひとつはシリーズのお約束というか流れをふむというパターン。後者のパターンは、バック・トゥ・ザ・フューチャーを思い浮かべてもらうといいかも。そもそもタイトルが「ハングオーバー(二日酔い)」なので、「酔っ払って朝起きたら記憶がなくなっていて、はちゃめちゃになっている中から手がかりを探して昨夜何があったのかをたどっていく」という1作目、2作目の流れはちゃんと守って欲しかった。お約束を期待していたので、がっかり感も余計に大きかったのかもしれません。ギャグも全体的にスベってる感じだったし。

とはいえ、エンドロールではシリーズのファンへのサービスがしっかりあって、そこは良かったです(というか、このエンドロールのところを本編にしてほしかった)。2作目で、酔っ払っている間に顔面にマイク・タイソンみたいなタトゥーを入れられたスチュが、ここでまたとんでもないことをやられるのですが、このシーンがこの映画の中で一番バカバカしくて笑えたシーンでした。