読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴーン・ガール

映画

ゴーン・ガール。イカした女。消え去ってしまった女。ベン・アフレック演じる主人公ニック・ダンの元から、「イカした女」である妻エイミーが「消え去ってしまう」物語。

5回目の結婚記念日の日、ニックが家に帰ると、リビングのテーブルが壊され、家にいるはずの妻がいなくなっている。慌てて警察を呼び、捜索を依頼する。妻エイミーは、彼女の母親が出版して大ヒットとなった「Amazing Amy(完璧なエイミー)」という絵本に登場するキャラクター・エイミーの元になった人物。世間からの注目は高く、テーブルが壊されていた現場に事件性をみた警察は、テレビ中継での記者会見を開き、エイミーの捜索を始めることになる。ところが、捜索が進むにつれ発見される証拠や顕になる事実により、妻は失踪したのではなく、夫であるニックに妻を殺害したとして疑いの目が向けられるようになる。

エイミーの捜索の合間に挿入される、エイミー視点の「ロマンチックな出会い」のシーンや、「激しく熱い恋愛」のシーン、そして、「すれ違いにより破綻していく結婚生活」のシーン。「ストーリー・オブ・ラブ」のような、既婚者の心をざわつかせていく展開は、居心地の悪さを感じさせる。

ニックが周囲から疑われていく映画の中盤で「これは実はこういうことなのでは」と、映画の観客が失踪の謎に気付き始めたとき、その謎はあっさりと明かされる。案外早い種明かしだなと思ってからの展開がすごかった。

映画の冒頭、妻エイミーを見つめながら、「君の頭蓋骨をあけて、何を考えているのかを見てみたい / ぼくたちはこれからどうなってしまうんだろう」と語るニックの心の声。物語が終わったあと、この言葉の意味がまるで違ったものに聞こえてしまい、背筋がぞっとする。その瞬間を演出する緻密な計算で組み立てられた作品だった。

Gone Girl