読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランス

ジェームズ・マカヴォイ主演、ダニー・ボイル監督のサスペンス。WOWOWで。

トランス [Blu-ray]

不思議な映画だった。
競売中に強盗に襲われ、記憶をなくした競売人の主人公。強盗団は、目的の絵を手に入れたと思ったのに、強奪したあとで入れ物を開いてみたら絵が消えていてびっくり。競売人をとっつかまえて絵をどこにやったか拷問にかけるんだけど、記憶をなくしているので分からなくなっている。そこで、催眠療法士(女性)が登場して、催眠療法で失った記憶を取り戻そうとする。徐々に明らかになっていく過去。と、ここまでは良かったんだけど、だんだんと絵の話から、競売人と強盗団のリーダーと催眠療法士の三角関係が主軸になってきて、おかしな方向に転がり出す。

WOWOWで見ていたら、競売人と催眠療法士のベッドインのシーンで、すごく大きなぼかしが入るのだけど、ぼかされている部分を競売人が見つめて「どうして僕の趣味が...」とか謎の台詞を発したりする。なんだこれと思って調べてみたら、どうやらそのシーン、劇場公開時はぼかしが入っていなくて、無毛状態の女性の陰部が映されていたらしい。主人公の競売人は無毛の女性が好みで、そのことを何故か催眠療法士が知っていた、というのが物語の謎をとく伏線のひとつになっていたのだけど、そこぼかしたらまったく分からないよ!

そこにすごく気を取られて、本編のミステリー的な展開にまったく集中できなかったのが残念。