読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドント・ブリーズ

映画

タイトルは「お願い」の「プリーズ」ではなくて、「息」の「ブリーズ」ね。
今年のハロウィン映画の中でスマッシュヒットを飛ばした快作で、日本版のキャッチコピーも「20年に1本の傑作」というもの。
「20年に一度って結構ありそうじゃん」って思うかもですが、まあ要するにハロウィンにシリーズ化されるくらいにおもしろいというニュアンスかなと思います。フレディというキャラを生み出した「13日の金曜日」シリーズや、ジグソウというキャラを生み出した
「ソウ」シリーズ、或いはマスクをヒットさせた「スクリーム」シリーズに並ぶくらいの作品ということですね。

確かに、本作品だけではもったいないくらいの強烈なキャラクター「Blind Man(エンドロールにそうクレジットされてましたが、名前がないんですね)」が爆誕していました。

公式サイトのあらすじは以下の通り。

親と決別し、街を出るため逃走資金が必要だったロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスと一緒に大金を隠し持つと噂される盲目の老人宅に強盗に入る。だが彼は、目は見えないが、どんな“音”も聞き逃さない超人的な聴覚をもつ老人――そして想像を絶する<異常者>だった。
真っ暗闇の家の中で追い詰められた若者たちは、怪しげな地下室にたどり着く。そこで目にした衝撃的な光景に、ロッキーの悲鳴が鳴り響く――。 彼らはここから無傷で《脱出》できるのか――。

映画『ドント・ブリーズ』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

「目が見えないめっちゃ強い老人」というキャラクターが、ここまで恐怖を産み出すとはという感じです。初日に劇場で見ましたが、観客が皆、感情移入して息を潜め緊迫した空気が張り詰めていたのが印象的でした。

一見すると、社会的弱者と想像して強盗に入った自分勝手な若者が返り討ちにあう痛快なストーリーのようにも捉えられますが、強盗に入る若者たちにもそうせざるを得ない事情があり、また老人の方にも肩入れできない事情がありと、とにかくキャラクター背景の設定がうまい。

あらすじにあるように、「怪しげな地下室」で繰り広げられる「何か」も必見。背筋がゾゾッとするような恐怖を味わいましたよ...。男性の私でも相当な恐怖だったので、女性が見たら尚更ではないでしょうか。

日本での公開日がローグ・ワンと同日だったので、爆発的なヒットは見込めないかもしれませんが、よくあるハリウッドホラーの一作として片付けるには大変惜しい作品ですので、ぜひ一度劇場へ足を運んでみてください。

www.dont-breathe.jp