フレンズ : ザ・リユニオン

コンテンツの水曜日ですね。ちなみに今日もお昼は冷凍牛丼でした。今日は生卵をトッピングしたよ。

f:id:chris4403:20210923120500j:plain

水曜日のダウンタウン」は、マツケンサンバを歌って踊りながら泣くこと不可能説と、相方“2度見させ"選手権でした。マツケンサンバの方は、まあそうだよねと思いながらも思わず笑ってしまうバカバカしさ。マツケンサンバパワーはすごい。昔会社の後輩とカラオケで歌って踊ったことあったけど、あれは楽しかったなー。なんか無条件に笑顔がこみ上げてくるんですよね。不思議。


ちょっと事情がありU-NEXTのアカウントを作ってみることになったので、前から見ようと思っていた「フレンズ : ザ・リユニオン」を見ました。

「フレンズ : ザ・リユニオン」は1994年から2004年までアメリカで制作された大人気コメディ・ドラマ。その人気たるやアメリカにとどまらず、全世界で閲覧され、最終話の視聴者数は5200万人になったとか。私も大学生のときに知人からWOWOWで放送していたものの録画を見せてもらってからドハマリして、全10シーズン分のDVDボックスセットを買ってしまったほど。今でも各種動画配信サービスでは人気のコンテンツとなっていて、根強いファンがたくさんいるドラマです。

登場するメインキャスト6名の個性がひかり、軽妙なかけあいから生まれるグルーブ感、笑いと感動のバランス、10年かけて培ってきたそれぞれのキャラクターのストーリーも最後きっちりハッピーエンドで見せてくれたので、コンテンツとしての完成度が高いです。

人気絶頂期に終了という、マンガで言ったらスラムダンク的な終わり方をしたので、その後続編や映画化を望む声も少なくなかったのですが、クリエイターもキャストもドラマシリーズの完成度に満足していて、そういたったことは実現していませんでした。

もうあのキャストでのかけあいは見られれないだろなと漠然と思っていたら、飛び込んできたこの「フレンズ : ザ・リユニオン」のニュース。番組終了から17年の時を経て、HBO MAXというフレンズを制作したテレビ局のオンライン限定コンテンツとして帰ってきました。

当時のセットを再現し、そこへひとりずつやってくるキャストたち。女性陣3人は全然変わっていない(ちょっと老けてはいるけど、17年経っているとは思えない)のに対して、老いがぐっと見える男性陣3人。特にチャンドラー役のマシュー・ペリーはなんかだいぶおじいちゃんになってました。ジョーイ役のマット・ルブランクは、白髪にだいぶ恰幅もよくなっていて驚き。そう思うとロス役のデイヴィッド・シュワイマーはあんまり変わってなかったですね。頬はたれて、ほうれい線がだいぶ出てたけど。

番組自体は、1時間40分くらいかけて、懐かしい話や、名シーンの再現、名キャラクターたちのゲスト登場などギュッと詰め込んだ印象。せっかく登場したスペシャルゲストもひとことふたこと喋って退場って感じでした。コロナ禍での撮影とかってのも関係しているかもしれません。

個人的には、撮影中にジョーイがソファーにジャンプした際、肩を脱臼してしまって、そのままドラマの中でもベッドで跳ねてこけてサポーターを付ける演出になったエピソードとか、チャンドラーとモニカのエピソードで、ふたりがベッド・インした際に、撮影を見学していたオーディエンス(笑い声とか歓声が入る)の反応があまりにも良くて、その後のドラマの中でのふたりの関係性が大きく変わった話とかは興味深かったです。もう少しこの手の裏話エピソードがあっても良かったんじゃないかなとは思いますが、時間も限られていますし、仕方ないですね。

最後に、ドラマの中のキャラクターがそのまま生きていたら今は何してると思う?っていう質問に、それぞれの役者が答えた内容が、ファンとしてはすっと腹落ちするようなコメントばかりで、さすが10年演じたキャラクターは身体の中に染み付いているんだなと思いました。

www.youtube.com

中秋の名月は曇りで撮影できず

三連休明けての火曜日。シルバーウィークなので今日明日、そして金曜日とお休みを取っている人もそれなりに多そうですね。

朝、家事の時間に、昨夜の激レアさんの録画を流し見ました。今回のゲストはドランクドラゴン鈴木拓さん。格闘技をやっていることはなんとなく知っていましたが、相当昔からやってるんですね。はねるのトびらのときに、スタッフから優遇されているキングコングに対してあまり良い感情は持っていなかったとか、そういう反骨精神を全面に出せるのは強さですよね。どんな番組に出ても、「MCと戦ったら絶対ぼこぼこにできるという自信がある」って言っていて、それが精神的な支えになっていると言っていたのが印象的でした。


以前にossan.fmに出演していただいたjune29さんが、ご自身のYouTubeチャンネル「おつかれシャワー」で、これまたゲスト出演していただいたhmskさん、secondlifeさんをゲストに呼んでの鼎談が公開されていました。1:06:00あたりで一瞬私の名前も出していただいて、vlogのことを褒めてもらってました。ありがとうございますありがとうございます。


日中はいつものように家で仕事。今日は、社内のスタッフへのインタビューがいくつか。お昼ごはんは、先日届いた吉野家の冷凍牛丼の具を温めていただきました。美味しかった。


久しぶりの満月の中秋の名月ってことで、ベランダに三脚出して、いい感じに撮影しようと待ち構えていたんですが、残念ながら曇り空でした。なんなら月が出る時刻はほんのり雨も降ってました。残念ですが、前日に撮影できていたのでまあ良しとしますか。

夜は、ossan.fmの10月ゲスト回の収録でした。今回はこれまでのゲストとはまた違った角度のゲスト(とはいえ知り合いですが)で、楽しくお話させていただきました。

そういえば昨夜は今週末公開予定の通常回の収録だったんですが、ミスってうまく録音できておらず、最初から同じ話を2回するというトラブルがあったのでした。3年やってきて、収録し直しはこれで2回目ですね。そういうときに限って、ながやまさんも私も1回目のトークにお互い手応えを感じていたりして。まあそういうときもありますね。

実は、先日公開した154回では、私が収録した音声がノイズが多くて、ながやまさんが頑張ってノイズを消してくれた結果、いつもとはちょっと違う感じになってるのです。これは、手元のMacのいつもとは違うポートにオーディオインターフェースを指したら、Macがうまくマイクを認識してくれなくてMacbookのマイクで録音していたからなんですね。しかもそういうときに限ってMacbookに負荷がかかってファンが回りまくっていたのでした。

なんか最近気が緩んでるのかな。引き締めていかないといけない。

清水寺

3連休最終日も、しっかりと6時半起床からのポケモン。ちゃんとベッドに起こしに来てくれた三男。平日もこのくらい寝起きが良ければ最高なんだけどな。がっつりポケモンを進めて、8時くらいから朝食。その後、昨日約束をしていたペーパークラフトづくり。三男は私の横に座って、チャレンジのタブレット学習を進めていました。9月の学習が全然進んでいなくて、まとめて進めることになっているんですが、気分がいまいち乗らない三男は、2コマ進めては、録画しておいた危険生物撃退のテレビ番組をちょっと見るという方法でモチベーションを維持していました。危険生物ありがとう。

ペーパークラフトは、三男が作りかけていた、というか部品を切っていた「ジュプトル」を組み立てました。うまくいったかと思ったら、手を左右逆に取り付けてしまうという凡ミスをしてしまいました。何をやっているんだ...。

f:id:chris4403:20210921144048j:plain


お勉強をがんばった三男にご褒美ということで、吉野家にポケ盛りを食べに行くことに。そのまま清水寺まで散歩に行くことにしたので、長男と次男は家でお留守番。ふたりには、シンプルチャーハンとトマトとレタスの中華スープをさっと作ってあげました。

さて、ポケ盛りで残すは「ナエトル」のフィギュアが出てないんですが、なんと3食中2つ「ナエトル」が出てきました。フィギュア配布の期間が9/26までだったので、ギリギリ全種類揃いました。よかったね。とはいえ、10月には第2弾、11月には第3弾が控えてるんですよね...。また食べることになるのかな。

f:id:chris4403:20210921144152j:plain


食後、店を出て清水寺まで歩きました。まっすぐ五条通を進めば良いんですが、三男が建仁寺の近くの「舞妓アンティークス 京都」の店頭に出ているメダルゲームがやりたいと言うので、ちょっと北上して回り道。プレイに必要な10円玉が入ったさいふを握りしめて、お店まで向かいましたが、残念ながらお店が閉まっていて、店の前のゲームもプレイできませんでした。また今度来ようね。

清水寺までは、八坂の塔を眺めながら二年坂を登り、三年坂、清水坂を通って行きました。

goo.gl

清水寺、ちゃんとがっつり見たのは京都に来て初めてなんじゃないかな(もしかしたら前に1回くらいは来たことがあるかも)。さすがの名所で、写真が撮りたくなる場所がたくさんありますが、やっぱり良い構図の場所はこれまで何度も撮られているのでありきたりな感じになっちゃいますね。難しい。

f:id:chris4403:20210921145832j:plain

帰りに、清水寺近くのお店でソフトとかき氷を食べて、帰ってきました。隣が、観光バス用の大型駐車場でしたが、バスは一台も停まっておらず。ちょっともの寂しさを感じてしまいました。

f:id:chris4403:20210921145903j:plain

トータルで13000歩くらい歩いて、久しぶりに良い運動になりました。


鉄道博物館

台風が過ぎ去って、天気の良い一日でした。三男との早朝ポケモンを終え、今日はどこに行こうかと相談して、京都鉄道博物館へ行ってみることにしました。
運動不足解消もかねて、徒歩で出発。到着すると、館の前にはチケット購入の列ができていました。入るまでに時間がかかるかなーと不安になりましたが、列はサクサク進んですっと入れました。良かった。
電車のシミュレーター(運転体験)は、ひとり一回のみの抽選となっていて、いつも外れるので望み薄という感じで申し込んでみたら、当選しました。ラッキー。しかも在来線ではなく新幹線の運転です。三男は、操作方法がよく分からないながらも、一生懸命に運転をして楽しんでいました。
ちょうど機関車トーマスの展示をやっているところで、機関車が集まるSL広場にはなんと実物大のトーマスが展示されていました。三男よりも私のテンションが上ってしまいました。しかしまあ、実物大となると顔の大きさもそれなりに大きいので、怖いといえば怖いですね。周りを見渡しても、ビビってしまっている子どもたちもそれなりにいました。

f:id:chris4403:20210921000335j:plain


帰りに以前にテイクアウトしたSante dinerに寄って昼食。でっかいチーズバーガーを食べました。美味しかった。パイナップルのトッピングを追加したのが良い感じでした。

f:id:chris4403:20210921000622j:plain


帰宅後、私はボーカルレッスンへ。今日から新曲です。河口恭吾さんの「桜」が課題曲。「SUN」とはまたテンポも雰囲気も全然違う曲なので難しいですね。

レッスンの帰りに新しいスーパー「ライフ」へ立ち寄って、お肉を買い足して、晩ごはんづくり。今日は、妻の実家からお野菜をたくさんおくっていただいたので、それを使ったメニューにしました。鶏肉の肉じゃがに、きのこたっぷりのお味噌汁、おくらと長芋のポン酢和え、水菜とトマトとピーマンのサラダ。デザートに、これまた送っていただいたシャインマスカットを食べました。三男は夢中で食べて、「お腹いっぱいで気持ち悪い...」と言ってました。食い意地がはってます。

食後は、最近恒例になったペットボトルキャップバトル。今日は妻も参加しての対戦となりました。三男はイベントオーガナイザーとして満足そうな顔をしていました。


机の上の戦争、もといバトル

3連休の始まり。早朝から三男が寝室にやってきて、ゲームのお誘いでした。寝ぼけ眼をこすりながら、6時半からポケモンをやってましたよ。本編はクリアして、拡張コンテンツのひとつを進めているところ。まだまだ捕まえていないポケモンがたくさんいるらしく、三男は全部捕まえるんだと息巻いていました。

台風がやってくるぞーって話だったんですが、夜のうちに降った雨も午前中にはやんでいて、台風も南側を通り過ぎて行ってました。

お昼は久しぶりに近所の魁力屋へ。季節限定のあごだし煮干し醤油ラーメンを食べてみました。家族のみんなは気に入ってましたが、僕は普通の醤油ラーメンにしておけばよかったかなとちょっとだけ後悔。限定ものだと、前に食べたもやしとニラをいためた具材のラーメンが美味しかったんだよなあ。ちょっと香ばしくしゃきっと炒めたもやしが最高だったので、また復活した際は食べてみたいですね。それはそうと、ついうっかり背脂を抜いてくださいって言うのを忘れてしまって、超久しぶりに背脂入りのラーメンを食べました。これはあとでお腹痛くなるなーと思ったら、やっぱり昼下がりにお腹が痛くなってビンゴ。脂こってり系の料理は気をつけないといけないですね。


さて、午後は三男のリクエストでペーパークラフトづくり。今回もまた「てんのペパクラ」さんのお世話になりました。

私は、ゲームに登場する剣「モナド」を作成。

f:id:chris4403:20210919001725j:plain

ぱっと見た感じ簡単そうなのですが、かなり難しかったです。実際作る工程を間違えたり、切り取り貼り付けの精度が悪くて歪んでしまったりと、点数をつけるとしたら60点くらいの仕上がりでした。三男も横でハサミを使って別のキャラクターの型紙をせっせと切り取っていました。そういえば私も幼稚園児の頃、母方の祖父に色々と工作を教えてもらって作っていたなあと感傷的な気持ちになりました。あの頃の体験は、今の自分を形作る大切な要素のひとつ。同じように自分の子供達にも、そういう体験を積んでもらえると嬉しいですね。


晩御飯のあと、食卓を使って、子どもたちと私でペットボトルキャップウォーズをやりました。なんじゃそれはって感じですが、最近我が家の子供達の間だけで流行っている、ペットボトルキャップを使った消しゴム戦争です。あ、消しゴム戦争っていうのは、私が小学生の頃に流行っていた遊びで、学校の机の上で自分の消しゴムを指で弾いて相手の消しゴムに当て、机から落としたら勝ちという至極単純明快な遊びです。今の子供達は「消しゴムバトル」って言うそうです。「戦争」よりも「バトル」の方が、言葉としてはまあ穏当な気もします。ちなみに、私のときは、とある男の子が勝ちたいがあまり、文房具屋さんで売っているめちゃめちゃでっかい(通常の何倍も大きい)MONOの消しゴムを持ってきて、みんなから呆れられて急激に熱が冷めた、みたいな出来事がありました。消しゴム「戦争」という名前ですが、紳士のスポーツですからね。そういう紳士協定を破るような行為はだめですね。

で、我が家でのペットボトルキャップウォーズは、私三男チーム対長男次男チームという対戦で3本先取というルールで行われました。消しゴムと違ってキャップがめちゃめちゃ軽くて、机の上をすいすい滑るので、なかなか勝手がつかめず苦戦しましたが、なんとか勝利をもぎ取ることができました。ペットボトルのキャップを指ではじいてワイワイ盛り上がっている男衆の様子を、妻は冷めた目で見ていましたのも面白かったです。


夜は、Netflix韓国映画「エクストリーム・ジョブ」を見ました。

klockworx-asia.com

めちゃめちゃおもしろかったなあ。コメディタッチの作品で、アクションもあり、ドラマもあり、観客を飽きさせないストーリー展開でした。キャストの演技も良かった。ハリウッドリメイクが決まっているらしいので、それもまた楽しみです(コロナで計画がどうなっているのかわかりませんが)。

捜査として、とある犯罪組織を張り込んでいた麻薬捜査班が、ひょんなことから張り込みのために潰れかけたチキン屋を買い取ることに。そもそも潰れかけの店で、客もその犯罪組織くらいしかないとのことだったので、注文があったら出前ついでに捜査をすればいいだろうとたかをくくっていたら、なぜか作ったチキンが激ウマだと客が客を呼び、店は大繁盛。その盛況ぶりは、本来の目的である犯罪組織の張り込みに影響が出るほどになり...。というストーリー。マンガのような荒唐無稽な話ではありますが、演出の軽妙さと、キャスト陣の魅力でぐいぐい引き込まれました。


それはトレードオフなのか

今日は長男がZoomを使った発表会ということで、終日家から授業に参加していました。時代ですねえ。私が高校生の頃はZoomなんて知らなかった。なかったから当たり前だけど。

私も一日あれこれ会議があったので、昼食は適当に食べてねとお願いしておきました。冷凍のミートソースパスタを食べた模様。美味しいやつです。私は、先日買ったニチレイの冷凍食品の「片手で食べられるお好み焼き」を食べました。なんじゃそれって商品名ですが、今川焼き大判焼き)の生地がお好み焼きの生地でできていて、中にソースやマヨネーズが入っているという食べ物です。

www.nichireifoods.co.jp

手軽に食べれてちょっとしたおやつには良さそう。うちの電子レンジだと温めむらができやすいのが難点かなあ。通常の今川焼きだったら多少冷たくても良いんですが、おかず系はあつあつが食べたいですよね。かといってアツアツすぎると片手で食べれないし、難しいところ。味は結構ちゃんとお好み焼きなんですが、紅生姜の風味があって、ときどきたこ焼きの風味が顔をのぞかせてきました。手軽に食べられるのはいい感じなのでちょっとリピートしてみたいと思います。


昨日注文した「ほくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2」が早速届きました。本当に便利な世の中になったものですね。これ実際の本ではなくて、電子書籍ならその場ですぐ読めちゃうわけですからね。でも、電子書籍と実際の本を読む体験が微妙に異なるように、書店に行って本を買うのと届けてもらうのとの間にも便利さと引き換えに失っている何かしらの体験があるんですよね。それが良いものなのか、大事なものなのかは分かりませんが、そういうものはある。最近、リモートワークの文脈の話で、在宅勤務とオフィスでの勤務の比較がよくなされますが、同じようなことなんだろうな。

予約

京都市のワクチン接種予約の電話があり、長男の分のワクチン接種の予約ができるとのこと。ちょっと遠い接種会場でしたが、できないより全然ましなので、日時を決めて予約しました。当日持っていくものなど聞いて、メモして、電話を切って、しばらくすると同じ番号から電話が。なにか手違いでもあったのかなと電話に出ると、「今検索したところ義臣様も予約待ちとのことですが、予約されますか?」とのこと。私には同じ窓口から先日電話があり、その時点で別口の職域接種での予約が進んでいたのでお断りしたのですが、それがうまく登録されていなかったようですね。そういうことをお伝えして、電話を切りました。
するとまた、数分後に同じ番号から電話が。今度は同じように検索をして、次男の名前を見つけたとのこと。次男の分もお願いできるならと、接種会場も遠かったので、できれば同じ日時が良いんですが...とお願いしてみたら、窓口の方も「そうですよね!今、検索しますね!」「すぐに埋まってしまうので...ちょっとお待ち下さい......あ!空いてました!予約しますね!抑えますね!?.....はいっ抑えました!」と頑張って予約してくれました。このときのテンションが、千鳥の漫才ネタ「チケット予約」で、大悟が演じている電話オペレーター「紅ズワイガニ エビ美」を連想させて、危うく桑田真澄ディナーショーが予約されたのかと思いました。ちなみに、接種会場が醍醐(だいご)地域体育館で、ダイゴつながりだったというオチも付いてきました。

まあ何にせよ、接種の目処が立ってよかった。緊急事態宣言明けの日程で、土日の部活が潰れてしまいますが、仕方ないですね。


夜、ちょっと買い物があり、先日オープンしたスーパーに行ってきました。オープン直後ということもあり、レジが混雑。6ラインくらいあるんですが、どこもいっぱいだったので、一番端の1番の列に並びました。すると、お店の方がやってきて、1番の列の更に外側にある、オープン時の混雑対応として設けられた特別レジ「0番」をオープン。そして、1番のレジの先頭に並んでいたお客をそちらのレジに案内したので、これはもしやこの列に並んでいたら、1番のレジと0番のレジと両方でさばかれて素早く会計が済むのではと、期待感が高まりました。

ところが、0番のレジの位置が、1〜6番のレジと異なって、少し手前の位置に配置されていたため、私が並んでいる列の先頭の人が、そのまま0番のレジの列として並んでしまいました。結果、1番の列はそのまま0番の列にスライドし、1番のレジが空いた結果、2番のレジの列に並んでいる人たちが、交互に1番と2番のレジでさばかれることに。おいおいおいおい、と思いましたが、おとなしく並んでおきました。スーパーのレジの列って、スーパーごとにローカルルール的な振る舞いが求められるような気がしているのですが、新しいスーパーはまだそのへんがこなれていなくて、店員側もお客側も手探り状態ですからね。こういうのは仕方ないなと思います。のんびり構えておきましょう。ただ、このスーパー、袋詰のスペースが異常に狭い気がするんですよね。街中の立地なので、極力無駄スペースを抑えたいってことでそうしてるんでしょうが、スペース待ちの人が滞留して結構混雑していました。


スーパーといえば、昨日書いた「かまいたちの知らんけど」の「さよならイズミヤ」回をTVerで見ました。かまいたちの濱家さんが幼少期から青春時代を過ごした上新庄のスーパー「イズミヤ」が閉店するということで、感謝を伝えに行くという企画。これは良かったね。ともだちの地元に遊びに行って、なんか商店街とか町並みをぶらぶら歩きながら「ここはこういうことあったんだよね〜」なんて思い出話を聞いたりしたことってあると思うんですが、ああいうのをテレビでやってくれている。思い出ひとつひとつは、濱家さん固有のものでありながら、我々世代が「うんうんわかるわかる」と共感できる普遍性のある思い出話なのもよかった。僕も地元の「タイヨー」とか「山形屋スーパー」、デパートの山形屋とか、今行ったら、ここはこんなことがあったんだよって話せる場所がたくさんありそう。ただ、私が過ごした時代から開発もガンガンに進んでいるので、思い出が辿れない場所も多そうなんだよなー。西駅(今の鹿児島中央駅)とかはまさしくそれ。天文館も、ともだちと映画を見た映画館とか今もうないんじゃないかなー。実家に帰ったときに、むじゃきとか、蜂楽饅頭の店とかを見ると、なんだかホッとするというか、僕の知っている鹿児島がここにあるって思うので、そういう場所ってやっぱり大切なんだろうね。そういう気持ちにさせてくれる最大の象徴が桜島な気もちょっとしています。



グレイズ・アナトミーの最新回も見ました。コロナに感染した主人公のグレイは、終始昏睡状態。夢の中というか、日本的な世界観だと三途の川的なところをうろうろしていて、過去シーズンで事故で死んだ同期のジョージとかが出てきて会話するとか。シリーズファンに目配せしつつ、アグレッシブな演出だなと思います。コロナ禍での病院の様子とかもかなりリアルに描いていて本当にすごい。次回予告を見たら、コロナに感染したけど症状無しで自宅療養していた医師が危篤状態になったり、黒人医師の母親がコロナに感染したり(黒人女性の死亡率が高いというデータがある)と、主要なキャストを巻き込んでがんがん感染者を出していく演出もだいぶ攻めてるなと思いますし、実際の医療の現場はこういうこともあるんだろうなと思います。一方で、グレアナの醍醐味であるおバカ恋愛エピソードもちゃんと組み込んでくるので、シリアスなだけじゃないエンタメに仕上がってるんですよね。


ブレイディみかこさんの「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2」を注文していたのが届いていました。前作の続きが気になっていたので、続編が出たのは嬉しいですね。シルバーウィークに読むことにします。