読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪の教典 / 貴志祐介

やばい本だった。貴志祐介の世界観は「黒い家」で懲りていたんだけど、「新世界より」が割とファンタジー色強めで面白かったので油断してました。
序盤から中盤は「模倣犯」的雰囲気で、中盤以降は一気に「バトルロワイヤル」化するという怒涛の展開に圧倒されました。
本自体も、単行本で上下巻あったものをノベルスサイズで1冊にまとめられているので、京極夏彦魍魎の匣なみにレンガ感あります。

悪の教典

悪の教典