読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ2 #6「華麗なる駆け引き」

TV

マイケル・J・フォックスが、難病と闘いつつも、そのことを弁護に利用するしたたかな弁護士役としてゲスト出演している回でした。
難病をどのように弁護に利用しているか。一例を挙げると、証人への尋問が不利と見るや、自分の席で身体をプルプル震わせながら自分のコップに水を注ぎはじめます。陪審員は、証人への尋問よりも、水がちゃんと注げるかどうかについつい注目してしまい、マイケル・Jにとって不利な証言の印象が薄れるという寸法。真実を明らかにするという意味では本質的でないですが、陪審員制度の上ではとても有効なテクニックと言えます。
それにしても、パーキンソン病と闘っているマイケル・Jを、こういう形でドラマに出演させるとは驚き。むりやり感はまったくなくて、とても良いエピソードだったと思います。マイケル・Jは、この回でエミー賞の客演男優賞にノミネートされてますしね。
主人公アリシアの一枚上をいく弁護士という役どころだったので、今後もまた登場してくれることを期待したいと思います。